脂肪肝に効くサプリメント

MENU

脂肪肝に効くサプリメントならオルニチン!

★脂肪肝を改善したい時に飲むサプリは何?

 

肝臓は、身体が取り入れた糖・たんぱく質・脂肪を分解して、体内で使えるように変換し、貯蔵する働きを持っています。

 

貯蔵したものは、エネルギーとして供給されますが、体が取り入れた脂肪が多すぎると肝臓に中性脂肪が蓄積し脂肪肝となります。

 

脂肪肝に良いとされている成分

オルニチン・タウリン・不飽和脂肪酸・ビタミン・ミネラル・クエン酸

 

中でも、オルニチンタウリンは、脂肪肝に特に良いとされている栄養素です。脂肪肝を改善したい方や予防したい方は、オルニチンやタウリンが配合しているものを選ぶと良いでしょう。

 

・オルニチン配合のサプリメント

オルニチンは、肝機能を改善と肝臓の働きをサポートしてアンモニアの解毒を促します。

 

アンモニアの解毒が促進すると、肝臓の代謝機能が活性化されるため、肝臓に蓄積している中性脂肪が代謝されやすくなります。オルニチンは、食品からでは僅かしか取れない成分です。

 

オルニチン配合のサプリメントの中には、必要な量オルニチンが凝縮されており、身体が吸収しやすく作られているものがあります。

 

・タウリン配合のサプリメント

タウリンは、肝細胞の再生を促し、胆汁酸の分泌を盛んにする働きがあります。

 

サプリメントの中には、タウリンが豊富に配合されているものがありますが、タウリンの原料が、自然由来の貝類などから抽出したものが使用されているサプリメントなら、安心して毎日飲み続けることが出来ます。

 

さらに、タウリンだけではなく、肝臓の代謝の働きを促す働きのあるクエン酸も同時に配合されたものがあります。

 

・ビタミンやミネラル配合のサプリメント

ビタミンやミネラルは、体内の代謝に関係している酵素をサポートする成分です。

 

ビタミンやミネラルを含むサプリメントの中には、身体が必要とする量のビタミンやミネラルを、バランス良く配合したものがあります。

 

毎日の食事からビタミンやミネラルを取ることが難しい現代の食生活の中で、こうしたサプリメントで必要な成分を補うことが出来ます。

 

★最もオススメなのがオルニチン配合サプリメント

 

オルニチン研究会が行った成人男性に行った試験結果ではオルニチンを摂取して3週間でほとんどの人の肝臓の数値が下がったという結果があります。また脂肪肝の進行の抑制効果も確認されています。

 

オルニチンは、1日に400〜1000mgの量を摂取することで、肝機能の改善と脂肪肝に対する効果が期待できるようです。ですのでオルニチンのサプリメントを選ぶ場合は、オルニチンが含まれている量を確認するようにしましょう。

 

食品から1日に400〜1000mgも摂取する事はできないオルニチンですが、サプリメントであればしっかりと確実に摂取量を取る事ができます。脂肪肝を改善するには毎日必要な量のオルニチンを、サプリメントで摂取するようにしましょう。

脂肪肝に効くオルニチン配合サプリメント一覧

肝臓に良い成分がたっぷりのトータルサプリ

レバリズム-Lはしじみエキス、牡蠣エキス、スクワレン、L−シスチン、ビタミンE、ビタミンB2と肝臓に良いとされる成分を詰め込んだサプリメント。しじみのオルニチンに加え牡蠣のタウリン、さらには肝炎に効果があるといわれているスクワレンと肝臓病の予防トータルにケアできるサプリです。当サイト限定で今なら980円になっています。

価格

90粒(約30日分):980円(※当サイト限定価格)
1日分あたりの価格⇒約32円(※初回限定)

主な成分 しじみエキス(オルニチン)、牡蠣エキス(タウリン)、L-シスチン、スクワレン、ビタミンなど

1日分でオルニチン800mgは圧倒的!亜鉛も12mg

オルニパワーZnプラスは1日4粒でオルニチンが800mgも摂取できるサプリメント。しじみエキスや牡蠣エキスを使っているので肝機能のサポートにおすすめ。亜鉛も12mg取れてしまうのでかなりコスパとしても良いです(亜鉛サプリはかなり高いので)。またアスタキサンチンまで配合しているのは他とは違う強みですね。初回はたった980円になっています。

価格

120粒(約30日分):980円
1日分あたりの価格⇒約32円

主な成分 しじみエキス(オルニチン)、牡蠣エキス(タウリン)、亜鉛、アスタキサンチンなど

牡蠣、にんにく、南高梅で脂肪肝を改善

肝パワーEプラスは牡蠣、にんにく、南高梅の成分を配合したサプリメント。オルニチンではなくタウリンがベースになっています。すべて国産にこだわり、にんにくに関しては1粒に100mgも配合。南高梅が入っているのでクエン酸も豊富なのがポイントです。

価格

15粒(約5日分):980円
1日分あたりの価格⇒約196円

主な成分 牡蠣エキス(タウリン)、にんにく、南高梅など

EPA・DHAまで入った贅沢サプリメント!

レバーザイムはしじみエキス、牡蠣エキス、レバーエキス、活性酸素、ウコンエキス、ビタミン、EPA・DHAを主成分としたサプリメント。こちらも肝臓に良い成分を詰め込んだトータルケアできるサプリとなっています。他との違いは血液サラサラ成分のEPA・DHAまで入っている所。

価格

20粒(約10日分):980円
1日分あたりの価格⇒約98円

主な成分 しじみエキス(オルニチン)、牡蠣エキス(タウリン)、レバーエキス、活性酵素、ウコンエキス、EPA・DHAなど
含有量 1日2粒:オルニチン:記載なし

オルニチンとアリシンを同時に取れる!

しじみにんにく極はオルニチンがたっぷり(※2粒でしじみ500個分)のしじみとアリシンがたっぷりのニンニクを同時に取れるサプリメント。脂肪肝の改善だけでなく、昔からスタミナ食品として有名なにんにくのパワーで最近疲れやすいといった方にも使えるサプリです。

価格

60粒(約30日分):1,980円
1日分あたりの価格⇒約66円

主な成分 しじみエキス(オルニチン)、にんにくなど

オルニチンの脂肪肝に対する効果・効能

オルニチンはアミノ酸の一種であり、身体のたんぱく質を構成している大切な成分です。オルニチンはアミノ酸の中でも、遊離アミノ酸に分類されています。

 

遊離アミノ酸は、細胞や血液の中に蓄えられているもので、たんぱく質を構成するアミノ酸とは違った特徴を持っており、肝臓に対して重要な働きを持っている成分となっています。

 

・オルニチンの働き

オルニチンは、肝臓の働きをサポートするアミノ酸として、広く知られています。血液に溶け込んだ状態で、様々な臓器を巡ります。肝臓に到達すると、肝臓の働きのひとつでもある、アンモニアの解毒をサポートするなどの重要な働きを持っています。

 

アンモニアは有害な物質であり、脳の働きに関係している物質の働きを妨害する働きを持っているそうです。肝臓は、有害なアンモニアを解毒する働きを持っていますが、オルニチンによって、こうした解毒のサポートが期待出来ます。

 

・オルニチンの効果・効能

肝臓は、身体が活動する上で欠かせない、代謝・エネルギーの貯蔵・胆汁の生成・解毒などの大切な働きを担っていて、肝臓が担っている仕事は500以上だと言われています。

 

オルニチンの効果・効能で代表的なものは、肝機能を高める作用です。

 

肝臓の解毒をサポートする働きはもちろんのこと、オルニチンによって肝機能が高まることにより、肝臓が効率よく働いて、身体にエネルギーを供給する働きも向上します。その結果、身体全体にエネルギーが効率良く巡るようになり、疲労回復やストレスの緩和などの効果が期待できます。

 

それだけではありません。身体に十分なエネルギーが供給されることにより、身体の新陳代謝も高まるため、不必要な脂肪を代謝しやすくなるほか、肌のターンオーバーが円滑になるなど、身体そのものの働きが向上することが期待できます。

 

肌はストレスなどが、そのまま反映しがちな部分ですが、根本的なものに働きかけることで、肌トラブルの改善に繋がりそうですね。オルニチンが、肝臓に働きかけることで、身体全体に好ましい変化があるようです。

オルニチンのサプリの効果的な飲み方は何?

オルニチンは、肝臓の解毒作用をサポートする働きがあります。

 

肝臓の解毒のシステムは、オルニチンサイクルと呼ばれていますが、飲酒時のアルコール分解に、オルニチンが大量に使われる事になります。

 

オルニチンが不足して解毒作用が低下すると、アルコールの分解がなされずに二日酔いになります。

 

・脂肪肝対策や肝臓の数値が気になる方の飲み方

オルニチンが配合されたサプリメントは、数多くの種類があります。製品によっては、配合されているオルニチンの量が多いものもあるかもしれません。

 

そういった場合、1日の決められた用量をきちんと守って飲むようにしましょう。
脂肪肝や肝臓の数値を改善するには毎日継続して飲む事が重要です。

 

サプリメントは健康食品であり薬ではありませんが、配合されている成分によっては、過剰摂取すると良くないものもあるかもしれません。決められた用法・用量を守りましょう。

 

・お酒を飲む時のサプリメントの飲み方

サプリメントは、健康食品であり薬ではないため、基本的にいつ飲んでも構いません。

 

空腹時などに飲めば吸収率も高くなるかもしれません。お酒を飲む時は、肝臓の働きをベストな状態にするために、お酒を飲む前にサプリメントを飲んでおくのも良いでしょう。

 

さらに、肝臓の解毒作用をサポートする場合には、お酒を飲んだ後にも、サプリメントを飲んでおくと良いでしょう。サプリメントによっては、1日の分量が決まっているため、1日に数度に分けて飲む場合には、決められた用量を分けて飲むようにすると良いでしょう。

 

・代謝を高めたい時のサプリメントの飲み方

オルニチンは、成長ホルモンをサポートする作用があります。成長ホルモンが体内で最も多い時期というのが、12歳から17歳のくらいだと言われています。

 

そして、20〜25歳で急激に減少し、その後はさらに、その働きが低下していくと言われています。成長ホルモンは身体の代謝に関係しているため、身体の代謝のサポートを期待される場合には、就寝時にサプリメントを飲むと良いでしょう。

 

オルニチンはその飲み方によって、さらにその働きを体内で効率良く発揮します。

 

脂肪肝でお悩みの方へ

脂肪肝(しぼうかん)というのは、それそのものが病気とは言えないまでも、病気を引き起こしてしまう可能性の高い状態だと言えます。

 

漢字から見てもなんとなくわかるとは思いますが、まさに肝臓に脂肪が蓄積している状態で、人間にとってあまりにも大切な役割を果たしている肝臓がSOSを発する直前の状態とも言えます。

 

脂肪肝というのはお酒を飲む人だけに起こるものではなく、誰もが注意を必要とする症状でありながら、あまり正しく認識されていないかもしれませんね。
重篤な病気を予防するためにも、詳しく知っておいたほうが良い症状です。

 

・脂肪肝とは

 

肝臓に脂肪が過剰に溜まっている状態を脂肪肝と言います。医学的には、肝臓の重量比で肝細胞の30%以上に中性脂肪が確認出来る場合が脂肪肝と判断されます。

 

正常な肝臓であれば、中性脂肪は約2%から3%くらいの割合で存在するものですから、それと比べると10倍以上もの脂肪が溜まってしまっている状態ということになります。

 

いかに異常な状態かということがわかりますね。

 

・脂肪肝になると

 

脂肪肝そのものが即病気として判断されるものではありませんが、その状態は肝臓の正常な機能を低下させる危険性があります。

 

循環が悪くなり肝炎を起こしたり、場合によっては肝硬変やがんなど、非常に重篤な病気に発展する場合もあります。

 

「肝臓がフォアグラ状態だ」などと言っている場合ではないのです。

 

・脂肪肝の原因

 

どうして脂肪肝になるのかは、原因がたくさんあるために個々に生活を見なおしてみる必要がありますが、大きく分けるとアルコールによるものとアルコールとは関連しないものとのどちらかに大別出来ます。

 

特にアルコールをあまり飲まないのに脂肪肝になる人は、肥満や薬剤、栄養障害などを考える必要があり、日常的な肝臓へのストレスを自分で認識する必要があるでしょう。

 

・脂肪肝の対策

 

直接的な原因がわかればそれを取り除くことが第一位優先であることはもちろんですね。

 

ただ、他の病気の治療のための薬剤投与などが関係する場合もありますので、主治医のいる場合には指示に従う必要があります。 一般的には、とにかく栄養の取り過ぎが原因だと考えれば良いでしょう。

 

食事で摂ったものを解毒して、代謝するのが肝臓の役割ですが、そこで代謝し切れないほどのものを摂らないことが一番です。

 

脂肪肝を治す方法は?

 

脂肪肝と分かった場合、とにかくあらゆる手段で溜まっている肝臓内の脂肪を代謝して無くす努力をしましょう。アルコール性であれば禁酒、非アルコール性であれば食事改善と運動など、基本的には自分で努力出来ることばかりです。

 

自分の肝臓が、これから肝炎や肝硬変、肝臓がんになろうとしている・・・などとリアルに考えてみてください。今できることを全力で行わないわけにはいかないはずです。

 

やるべきポイントをまとめましょう。

 

アルコールを減らす、やめる

 

アルコールを大量に飲む人はもちろん、あまり飲まないという人でも、脂肪肝なのであればとにかく身体の中にアルコールを入れることを避けましょう。入れた分だけ肝臓がどんどん機能を失っていくと想像して、自分で自分の臓器を傷めつけるようなことはしないことです。

 

飲みたい時にノンアルコール飲料に差し替えるだけでも非常に負担が軽くなります。飲みたいと思い込んでいるだけの場合もあるので、代わりに強めの炭酸水を飲むだけでも意外に気分が晴れたりするものですよ。

 

食事の内容を変える

 

とにかく糖分と脂肪分は減らして、緑黄色野菜をたくさん増やして下さい。何度もよく噛んで食べて、ゆっくり食べることが大事です。

 

三食きちんと食べないと精神的にお腹が減ったという気持ちが強くなってしまうので、いざ食べる時に流し込むように暴飲暴食してしまう場合があります。

 

お腹が空きすぎないように、定期的に食べましょう。塩分が高いのもNGです。

 

運動をする

 

運動に時間が取れない人は、平日に毎日歩く距離をかせぐことです。

 

少し遠い場所まで歩くとか、離れた店まで買い物に行くとか、階段を使うとか、最初はかなり疲れて億劫だと思いますが、慣れれば軽やかに移動出来る自分に自信がつきます。

 

なんだか軽くなったなあ、と思う頃には、肝臓も同じく身軽になっているはずですね。

 

脂肪肝に良い栄養を摂取

 

サプリメントを活用する場合はオルニチンかタウリンが脂肪肝には効果的。しかしサプリメントを活用する際は、とにかく頼り過ぎないこと、そして、もし病変がすでに起こってしまっているのであれば、早めに病院に行く事をお勧めします。

 

まずは自分の状態を細かく知ることです。

 

事前になら食い止められますが、レッドカードをもらってしまったらまったく別の話になってしまいます。取り返しのつくうちに、出来る努力はなんでもしましょう。

 

>>脂肪肝改善にオススメなサプリはコレ!